リバティ(フェリシテ) 多機能リュック(M)

朝摘みのイチゴ。父が趣味で作っています。しかし、家族で食べる人がいないので結局私にまわってきます。
子供でもいればすぐ喜んで食べるのでしょうが、私もそれほど果物は食べませんので、何時食べようかいつも悩みます。
(食がすっかり細くなりました。)
鼻を近づけると甘い良い香り。香りだけで十分な感じです。

私的には、タマネギやニンニクなど作ってくれたら有り難いのですが、何故かあまり食べる人がいないメロンやスイカなどせっせと作っています。
食べることより作ることのほうが楽しいのかもしれません。

ただ結局のところ後処理で母とよく喧嘩するコースとなっています。

6月に入りましたが結構寒い日が多いです。朝は10℃ぐらいまで下がりますので、一階の居間ではストーブをつける日もあります。
二階の工房は、日が差すとすぐ暖かくなりますのでストーブをつけるまではいきません。
朝と昼と晩で気温差が激しいので、その都度着替えながら生活しております。

最近Windowsも10から11に変えました。
不具合があると困るので少し様子見していましたが、もうそろそろ良いかと思いバックアップをした後アップグレードしてみました。
2~3時間程度で終わるのかなぁ~と気軽に始めたのですが、丸一日かかってしまいました。

入れていたソフトウエアの不具合も特に無く快適。
Windows11に変えて使いやすいなぁ~と思ったのがエクスプローラー。
よく使う切取りや貼付が上に表示されていて、右クリックも整理されていてスッキリ。
思った以上に快適です。
Androidアプリも年内に使えるようになるとのことで、Androidユーザーとしてはさらに拡張性が広がって有り難いです。

もう後20年ぐらいしたら一般向けの量子コンピューターが出てくるのではと言われています。
今までの1億倍の処理スピードと言われていますから想像も付かないスピードです。
量子コンピューターの最大の課題である発熱の問題が解決されれば、一気に一般家庭にも普及していくのではないでしょうか。
そして人型ロボットも当たり前に働いているかもしれませんね。

 
 さて今回は、多機能のリュックを作ってみました。サイドのペットボトルなど入れられるポケットは、ファスナーを曲げ取り出しやすくしました。
思い付いたのは良いのですが、フラットな状態でファスナーを曲げて付けるのは、思った以上に難儀しました。
ラウンドファスナーのように前後に曲げるのは、それ程難しくありませんが、曲げづらいファスナーを無理矢理曲げて裏地も付けないといけませんので、ちょっと悩みました。
もう少しカーブを緩やかにすれば、少し楽になりそうです。
何度かペットボトルを出し入れしてみましたが、やっぱり曲線にしたほうが使いやすいですね。

表生地は、リバティ(フェリシテ)のラミネート生地、背当て部分はブラックのリネン、他はブラックの牛革(ソフト)を使用しています。
正面の革部分にバラのモチーフ絵の刻印が施されていて、より個性的な仕上がりとなっております。
表生地の裏側には芯材を貼ってありますので張りがあります。

ショルダーベルト部分は、全て牛革を使用し、体に当たる部分にはスポンジが入っております。

サイド部分には、丁度500mlのペットボトルが入るようなポケットがあります。
内側は、張りのあるシャンタン生地(レーヨン)を使用し、他メッシュのポケット(ファスナー開閉)や小物入れ等様々なポケットがたくさんあり、機能的にもご満足いただけるかと思います。

行楽や普段使いまで幅広く活躍いただけるかと思います。

 <サイズ> たて(中央)32cm×よこ34cm×まち(最下部)13cm(最上部)7cm

重量 1200g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA