秋の津軽ダムと十和田湖・奥入瀬渓流

 今日は、母の病院に付き合わされたついでに紅葉を楽しんできました。
出来たばかりの津軽ダム(西目屋村)に行ってきました。ここをもっと奥に入ると世界遺産の白神山地があります。
随分道路が整備され行きやすくなりました。もっと水量が増えて、道路も整備されると素晴らしい観光スポットになりそうです。

それから十和田湖・奥入瀬渓流を通って八甲田の山越え。八甲田では何と道路脇に雪が。

あまり時間が無かったことと運転手でしたので、たくさん写真を撮れませんでした。(大型バスが多く混雑してました。)
私の好きなひかるちゃんの「花束を君に」の曲と共に楽しんでください。
是非青森に遊びに来てくださいね~

tsugaru_dam and towada_oirase from Shingo Nakata on Vimeo.

おすすめ

2件のフィードバック

  1. ともちゃん より:

     こんにちは。
     お母様、お加減はいかがですか。
     すばらしい画像と、歌をありがとうございました。
     十和田湖まで奥入瀬を歩いたことを思い出しています。
     季節は夏でしたが、木漏れ日の中をまだ小さかった子供たちと
     歩きました。今は遊歩道ができているのでしょうね。
     自然の作りだした素晴らしい渓流を思い出しています。
     紅葉が始まり、季節の移ろいを感じました。
     なぜか、華やかな中に寂しさのある紅葉が素敵すぎて言葉になりません。
     
     ヒカルさんの歌詞に涙が出そうになりました。
     昼間に聞かないと・・・秋の夜長に聞くと・・・眠れませんね。

     smile-partnerさんも奥様のことを思い出していらっしゃるのではと、。。。。。
     どうぞ、お身体に気を付けて、素敵な作品を作って見せてください。
     マザーズバッグ、リュックを作っていただいたあの時の孫も3歳です。
     七五三、お参りです。
     ありがとうございます。
     リュックはヘビーに使っているようです。
     大のお気に入りになっているようです。

     また、お便りします。
     
     

    • smile-partner より:

      ともちゃん、いつもありがとうございます。
      実は今日、母の手術があり半日病院におりました。
      病院のミスによって手術を受けることになったのですが、詳しいことは以後の当ブログにて報告したいと思います。

      青森に来られたことがあったんですね。(^^)
      夏の深い緑の季節も大好きです。遊歩道も一応整備されていて、たくさんの方が散歩されていました。
      (あくまで一応です。落石も多く一部区間は通行止めになっています。)

      「涙色の花束」を贈りたい人は、愛する両親であったり、祖母であったり、夫あるいは妻であったり、
      もしかしたらお子様であったりと人それぞれかと思います。

      言い尽くせぬ様々な感情も最終的には、「ありがとう。」の言葉に集約されるように思います。
      そのような心情を宇多田ヒカルさんは、見事に表現されていて大人の女性として成長されたなぁ~と感じました。

      私といたしましては、生きる希望を頂きましたご縁ある方々に、
      少しでも感謝の思いを伝えることが出来たら良いなぁ~と思っております。

      コメントいただき、とても嬉しい(≧∀≦)です。
      ありがとうございました。